2017.07.01 Saturday

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    2014.12.02 Tuesday

    第6回 新穂高温泉 絵手紙コンテスト 審査結果の発表です

    0
       本日、諸事情で大変遅れておりました”新穂高温泉絵手紙コンテスト”の審査を行いました。
      ご応募いただいていた皆様、また結果発表を楽しみにしておられた皆様には大変ご迷惑をおかけいたしました。申し訳ございませんでした。

      雪の降りしきるあいにくの天候の中、新穂高の観光拠点”新穂高センター”には関係者はじめ、偶然居合わせたバス待ちのお客様など立会いの下、審査が開始されました。

      今回も多数の応募があり、選者も悩みに悩んでの選考です。
      写真は日頃、研ぎ澄まされた主婦の眼力で作品を選びぬくNさん。
      肉や魚、野菜同様、作品の目利きも主婦の勘どころか、貫禄充分です!

      委員長のN島さんも色合いやグラデーションなど、作品のこだわりポイントを的確に見抜き
      さすがの一言!

      普段は渓流釣りと蜂蜜にしか興味を示さないと噂される副協会長のK村さんも本日は真剣!

      この作品はど〜のこ〜の!
      いやいや、あ〜だこ〜だ!
      そもそも絵手紙とは〜であるべきだ!
      などと、それらしいやり取りがあったかどうかは定かではありませんが、1時間かけて
      特賞はじめ、10点の作品を無事に選び終えました。

      ここで、結果発表!と行ってもいいのですが、どうしようかなぁ?
      また次回にしようかなぁ?






      いやいや、さすがに怒られそうなので結果発表です。


      ☆特選 「折れかけた心のいやし」 
      s-s-s-2014-01.jpg
      東大阪市 入江様

      『色を使わない作風が新鮮であり、逆に風景や色合いを豊かに想像できます。雰囲気がすごく出ていて印象に残る作品でした。特選です。おめでとうございます!』


      ☆特別賞 「憧れの山へ」
      s-2014-02.jpg
      岐阜県各務原市 白倉様

      『絵手紙の域を超えた力作!最後まで悩ませられた作品の一つです。次回も是非、コンテストの頂きを目指してご応募ください!お待ちしてます。』


      ☆入選 「心の洗濯」
      s-2014-04.jpg
      石川県金沢市 地崎様

      『色使いが上手いと感じました。文面もさることながら、全体の構図やバランスも面白いと思います。こんな手紙を貰ったら、ちょっと出掛けてみようかな?という気になりますよね。』


      ☆入選「家族みんなでポッカポカ」
      s-2014-03.jpg
      三重県伊勢市 金丸様

      『家族そろっての楽しい時間。心も体もポッカポカになってもらえたなら良かったな!と、思わず乗っかってしまいそうな作品です。ほのぼのとしたタッチや色使い 構図も文句なし!随所へのイメージカットなんか協会H・Pにはもってこいの「あざ〜す!」な作品です』


      ☆入選「ロープウェイまた乗りたい!」
      s-2014-05.jpg
      愛知県刈谷市 陽高くん

      『新穂高ロープウェイ支配人曰く「この作品しかないやろ!」との事。子供らしいストレートな表現。この一言でロープウェイでの楽しいひと時を想像するのに労は要しません。まるで計算されたかのようなゴンドラと文字の構図も絶妙!またみんなで乗りに来てね。』


      ☆佳作「無題」
      s-2014-12.jpg
      岐阜市 岩島様

      『山里の温泉場 を作品全体で感じます。家族旅行でしょうか?何とも楽しげな表情にこちらも暖かい気持ちになります。今宵はどんな昔話が聞けたのでしょう?柔らかい色使いや濃淡もすばらしいです。』



      ☆佳作「心がとろける足洗いの湯と新穂高の風景」
      s-2014-11.jpg
      島根県 佐間様

      『「あら、ごめんなさい。当たっちゃったかしら?オホホホ!ところで奥さま綺麗な御み足ですこと。」「あ〜ら、いやですわ。奥さまこそお肌すべすべじゃゴザイませんこと?」「やっぱり温泉の効能かしら?」続く・・・。』と、こんなベタなやり取りは無かったと思いますが、その場の楽しい会話や雰囲気が伝わってきます。こちらこそ絵手紙の醍醐味を教わった感じです。ありがとうございました!』


      ☆佳作「あ・・・絶景!」
      s-2014-13.jpg
      横浜市 新庄様

      『当協会の絵手紙コンテスト関係者は画を一目みればすぐに分かるほどすっかりお馴染の新庄様。相変わらずの素晴らしい作品をありがとうございました。今回もロープウェイ”白樺平駅”で掲示させていただきます。この作品を見ればロープウェイ乗車の期待も高まること間違いなしです。』


      ☆佳作「高い高〜い!」
      s-2014-14.jpg
      島根県 角森様

      『心なしか腰が引けてるお父さんが目に浮かぶようです。それを眺める家族の”ウフフ”。何か意味ありげなのか・・・。何があったかは知りませんが、ちょっと面白いこの作品。同じく高所恐怖症の我が身にとっては、何だか他人事ではありません。ということで、景品にロープウェイの乗車券をお贈りします。
      是非また、ご乗車下さい。お待ちしております。』


      ☆佳作「意外な出会い」
      s-2014-15.jpg
      名古屋市 中村様

      『(ロープウェイを乗り継ぎ上りつめると旧型の赤い丸いポストが待っていてくれました。絵手紙をかく者にとっては感激いっぱいでした)このような言葉を添えてご応募いただきました。これを読むまで審査員にとっては題材自体が”意外な出会い”でしたが、読んでなるほど”山びこポスト”も感激いっぱいだと思います。作品自体ももちろん素敵な仕上がり。ある意味、絵手紙コンテストらしい”最高ポスト”かもしれません。絵手紙の面白さ再発見の作品でした。』

      毎年作品のレベルが高くなる”新穂高温泉絵手紙コンテスト”
      応募数も今回38通と年々増えて大変ありがたく思います。

      公平を規すため、ご応募いただいた作品が届いて選考日までの間、応募作品は専用の箱に保管し当日まで目にすることは有りません。本日改めて全ての作品を拝見しましたが、どの作品も新鮮で本当に力作揃いでした。
      楽しかった旅の一コマを、また感動した風景を 1通の手紙に表現する絵手紙。
      このコンテストを通して、これからも訪れる方々の楽しい時間や思い出の手助けができる。そんな観光地域作りに励まなくては!と気持ちを新たにするのでした。

      何となく観光協会っぽい一節も出たところで、”第6回新穂高温泉絵手紙コンテスト”の審査結果発表を終わります。

      ご応募いただいた皆様。また、宣伝PRにご助力いただいた方々。本当にありがとうございました。
      この場をお借りして御礼申し上げます。

      次回の開催は未定ですが機会がありましたら是非、どなた様も筆を取ってみて下さい。
      写真とはちょっと違った楽しみ方に、旅の目的も増えるかもしれません。
      Calendar
           12
      3456789
      10111213141516
      17181920212223
      24252627282930
      << November 2019 >>
      PR
      週間天気予報
      Selected Entries
      Categories
      Archives
      Recent Comment
      Links
      Profile
      Search this site.
      Others
      Mobile
      qrcode
      Powered by
      30days Album
      無料ブログ作成サービス JUGEM