2017.07.01 Saturday

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    2012.01.12 Thursday

    スノーシュートレッキングはいかがですか?

    0
       
      右俣谷の川原からの景色。

      新穂高温泉からお手軽のスノーシュートレッキングへ行くことができますよ。

      今回は新穂高温泉から歩き出し右俣谷林道を歩き穂高平までの往復3時間のコースです。


      ジャンダルムも見えました。
      晴れていれば北アルプスの素晴らしい景色が目の当たりにできますよ!
      装備を整えぜひ行ってみてください。

      笠ヶ岳もバッチリ!

      槍ヶ岳もバッチリ!
      (トレッキングの際は自己責任にてお楽しみ下さい。)
      2011.10.17 Monday

      新穂高紅葉情報

      0
         
        左俣谷の紅葉

        新穂高温泉では紅葉の見頃を迎えようとしています。

        トレッキングに丁度良い、左俣谷の林道周辺は今が見頃です!

        天気の良い日も続き青空と紅葉と美しい景色が広がってますよ。

        トレッキングにぜひ行ってみてください。


        わさび平手前のブナ林。
        2011.07.03 Sunday

        夏のトレッキング

        0



          ブナの原生林に入っていきます。

          新穂高温泉から行ける手頃なトレッキングコースをご紹介します。
          前回ご紹介しました右俣谷林道の反対側、左俣林道コースです。
          こちらの林道は双六岳、笠ヶ岳、鏡平への登山口となります。


          ブナにツルアジサイが絡みつき綺麗です。

          新穂高温泉のバスターミナルを基点とし蒲田川の橋を渡ってスタートです。
          始めは左手に笠ヶ岳から落ちる穴毛谷が見えてきます。勇壮な大きな谷で遅くまで雪が残っています。

          奥からは冷気がドンドンきます。

          15分ほど歩いて夏なら暑くなってきたころ風穴があります。火照った体が一気に冷やされて気持ちいいです。標高は低いですが奥にはまだ雪がありました。
          このあたりから右手の山側にホンシャクナゲが群生しています。約1キロくらいはあるでしょうか。花の時期はもう終わっていましたが盛りには素晴らしいです。結構有名なんですよ。

          こちらはオオヤマレンゲ。

          初夏が花の時期のオオヤマレンゲも道沿いにたくさんありました。もうすぐ花が咲きますよ。香りがとても良いです。



          小屋開け準備中のワサビ平小屋。

          ゆっくり歩いて約1時間、ブナの原生林に入ってしばらく行くと、ワサビ平小屋に到着です。
          休憩するにはとても便利な小屋です。名物はそうめん!夏のトレッキングの昼食にピッタリです。
          もちろん泊まる事もできます。生ビールも最高です。
          7月10日から営業開始です!
          このあたりは秋の紅葉はとても素晴らしいです!

          ワサビ平小屋はこちらから。

          雪渓を渡る時は気をつけて!

          ここまでで引き返しても充分ですが、さらに30分ほど歩きますと鏡平へ続く小池新道の入口に着きます。7月中はまだ雪渓が多く残っていますので崩壊には充分注意が必要です。登山装備をされていない方は渡らないでください。

          約4.5キロのお手軽トレッキングコース。

          新穂高温泉のトレッキングコース、まだまだありますので徐々にご紹介していきますので、トレッカーの方たちはお楽しみに!
          2011.05.20 Friday

          ニリンソウを見に。

          0
             奥飛騨温泉郷の中で最も広く自然豊かな新穂高温泉には、雄大な北アルプスや美しい花々を見ながらのんびり散策できるトレッキングコースがたくさんあるんです!。
            今回はその1つをご紹介します。

            登山に行くには少し不安があり自身が無い、でも大自然を見るだけではなく実際に触れてみたい。
            という方には丁度良いトレッキング(ハイキング)コースが新穂高温泉にはいくつかあります。

            と言うわけで昨日、自分で行ってきました!コースの名前は「右俣谷穂高の森コース!」勝手に命名。

            ニリンソウの群生。
            スタート地点は新穂高ロープウェイ第一乗り場付近。ロープウェイ駅前を通過して右俣林道に入ります。
            あとは林道をゆっくり上がってゆきます。左に右俣谷の川を見ながら足を進めますと目の前に槍ヶ岳、穂高岳の一部が迫ってくるように見えてきます。

            美しい穂高の森。
            約2.5キロほど進みますと穂高平方面に向かうヘアピンカーブがあります。そのカーブを曲がらずに直進する道をすすんで500mくらい行きますと「穂高の森」入口に到着です。ここまでゆっくり来て約1時間。
            穂高の森入口には、ここを管理、整備された「NPO山の自然文化研究センター」さんの看板があります。
            ここから先はニリンソウや貴重な植物の群生地となっています。今の時期は美しいニリンソウが咲き乱れていますよ!
            そこを流れるせせらぎの水も穂高岳が流れてきた雪解け水で本当に綺麗です。

            澄んだ雪解け水とニリンソウ。
            遊歩道がある程度整備されていますので、それ以外は立ち入らないようにしましょう。また貴重な植物ばかりなので絶対に採ってはいけません。とっていいのは写真だけ。どっかの表札にありました。
            遊歩道は約2キロほどありますが荒れていて分かりにくい場所もありますので深入りは程ほどに。
            運がよければカモシカに出会えることも。
            ゆっくりのんびり穂高の自然を満喫してください。

            赤い線がルート。林道ばかりで安心です。
            ヘヤピンカーブまで戻って穂高平まで約400m。夏は小屋が営業しています。広々として景色のいい穂高平でのんびり昼食なんていいです。
            トイレ休憩もできますよ。
            全行程約3〜4時間くらいです。
            以上、このコースをご紹介してみました。
            「穂高の森」の詳しいお問い合わせは「NPO山の自然文化研究センター」へどうぞ。
            (Nao 記)
            Calendar
                  1
            2345678
            9101112131415
            16171819202122
            23242526272829
            << February 2020 >>
            PR
            週間天気予報
            Selected Entries
            Categories
            Archives
            Recent Comment
            Links
            Profile
            Search this site.
            Others
            Mobile
            qrcode
            Powered by
            30days Album
            無料ブログ作成サービス JUGEM